FC2ブログ

エロエロサイト


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


ピンテクス


検索フォーム


BlogPeople


■ 他のサイトの更新状況 ■

Powered By 画RSS

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ちょっと前の話なんですけど良ければ… 普段電車なんか乗らないし、田舎なのであんまり痴漢に遭うこともないのですが、夜1時まで営業している古本屋さんで痴漢に遭いました。夜ふっと思い立って本を探しにその古本屋さんへ行ったんです。

 私はスカート派なのでその日の服装はキャミの上からカーデを着て、下はフレアーミニでした。時間は12時半を回りもうじき閉店…。それでもお客さんはちらほらいて、棚に寄りかかったりしながら本を読んでいました。その古本屋さん、棚と棚の間が狭いんですよね。
* しかも監視カメラは少ないし、店内がちょっと薄暗いんです。だからどうしても本を探して歩いていると、人がいるところはすれ違うときに体が少し触れたりするんです。更に少女漫画とかは店の一番奥にあるんですけど、そこ他に人がいないと完全な死角になるんです。

 他の単行本を探して店内をウロウロしてから少女漫画の方に足を向けました。ウロウロしてるときにやけに同じ人とすれ違うなーと思ってたんですけど、 本を探してるんだろうと思って最初は気にしてなかったんです。少女漫画の棚で目的の本を探したり少し立ち読みしてたんですが、さっきすれ違った人がまた歩いてきました。

 男の人でも少女漫画は読むでしょうから、そのときも通り易いように少し棚に寄って後ろを空けたんですよね。そしたらすぐ後ろで止まるから、真後ろの棚に目的のものがあったのかなーと思ってちょっと横に移動したんですよ。すると何だかお尻に当たります。

 狭いからかなーって思ってたんですけどそこで気が付きました。私はずっと棚の方を向いて本読んでたんですけど、その人後ろの棚じゃなく私の方向いてるんですよね。振り向けないから気配でしか分からないんですけど、段々近付いてきてるんです。

 何となく逃げよう!って思ったときには遅くてスカートの下から手を入れられてました。太ももから下着まで指が動き下着の上から撫でられました。急なことで吃驚して声も出ませんし動けません。動けないのを良いことにどんどん触り方がいやらしくなっていきます。私のあそこを下着越しに指が前後します。

 力を入れたり抜いたりして刺激され、反対の手で同時に下着越しにクリちゃんをこすられてしまい、段々と頭がぼーっとしていきました。耳元で「湿ってきたね…」と言われた瞬間に下着をずらして指が入ってきました。直にあそこで指が動かされます。

 指を当てて中に入れずに前後に動かされ、反対の手も直にクリちゃんを触ってきました。嫌だと思いながらも濡れてしまうんですよね…あそこから出たぬるぬるしたものを潤滑剤にクリちゃんを刺激され、益々濡れてしまいます。

 周りには人がいませんが、閉店前なのでいつ店員が店内を巡回してもおかしくない状況で、ついに指をぐっと深く突き立てられました。そしてそのまま指を出し入れされ、くちゅくちゅと音がしだしました。恥ずかしさと嫌悪感とで頭の中はぐちゃぐちゃなのにあそことクリちゃんを絶えず刺激され、段々と声が漏れそうに。

「ぐちょぐちょだよ、外に出て挿れよう」って言われながら、指を激しく出したり入れたりされ一生懸命声をこらえ、このままされたらイっちゃう!!ってところで足音がしたので指が抜かれました。その隙にずれた下着もそのままに急いで店を出ました。

 車に乗り後をつけられていないことを確認して他の場所に移動し、やっと安心しました。ずれた下着を直そうとしてぐちょぐちょに濡れているのに気が付いて吃驚しました。怖かったし嫌だったのにこれを書きながらまた濡れてきてしまいました。
 




通勤時いつも同じ人に痴漢されています。
はじめは嫌で車両や時間を変えていたのですが、どんなに逃げても見つかってしまい、触られるのを諦めていました。
毎日触られていたら、だんだん感じるようになってしまい、最近はずっと無抵抗でされるがままでした。
いつも「あぁ、気持ちいい」って思うところでやめられてしまい(乗車駅が一緒で、痴漢の方が早く降りる)欲求不満ではありました。
でもそれ以上したいとか、ましてエッチしたいなんてことは、全然考えていませんでした。

その日はいつものように痴漢は私に密着してきて、電車に乗り込むと同時に触る体制になっていました。
私の左側に立ち、ためらいなくスカートをたぐり、おしりを触ってきます。
そこまではいつも通りだったのですが、ドアが閉まり電車が動き出す時の揺れで、私の足が大きく開いてしまいました。
戻そうとしても満員電車の人込みで、戻せませんでした。
すると痴漢は、右手で私のおしりをまさぐり、左手で前からも触ってきました。
私のあそこは無防備な状態で、隠すことも逃げることもできませんでした。
下着の上からわれめをなぞり、いつもはあまり責めてこないクリをいじられ、クリの弱い私には辛い状態でした。
それを察したのかはわかりませんが、ずーっとクリ責めが続きました。
はじめは下着の上からだったのですが、直接触られ、ぬれぬれなのが自分でもわかって恥ずかしかったです。
さすがに電車の中でいくことはなかったけど、足はがくがくで気持ちよさで震えてしまい、何も考えられませんでした。
そんな快感にじっと耐え続けていると、電車が止まり人がたくさん降りて行きました。
いつのまにか痴漢が降りる駅も、私が降りる駅も過ぎていました。
ふらふらになりながら降りようとすると、痴漢は私の手をひき、改札の外へと連れて行こうとしました。
ついて行くとどうなるか、わかってはいたけど何も考えられず、抵抗できませんでしたし、したくても逃げる力がなくて、そのままホテルへと連れて行かれました。
痴漢にあうことは前から多かったのですが、エッチまでしてしまったのは初めてです。
判断力がなくなっていたとはいえ、自分でも信じられない体験でした。

2  マルボーず - 2012/12/24(Mon) 22:50 No.21177
 みかはもともと淫乱ドスケベだったから当然の結果じゃないか。
 これで嵌められたのは何人目だ?
 

705 :えっちな21禁さん:04/10/23 01:36:25 ID:hSWhLHs0
中学生の頃のはなし。
いわゆる有名女子校に通っていて、
制服もその手の図鑑とかに必ず載るセーラー服だったので
学校名がばれてると思うと痴漢にあっても抵抗できなかった頃。

一番強烈だったのは、身動きもままならない準急電車の中で・・・
いつものように?後ろからお尻をもぞもぞと触られて
困った・・・と思いつつもじっとしていたら
その手はどんどん大胆になっていって
スカートをめくりあげて(イマドキのギャルと違って膝丈のプリーツスカート)
パンツ越しに両手でぎゅっぎゅ~っってもみしだかれた。
怖くて耳元には凄く興奮した鼻息がかかるし、もう怖くて怖くて・・・


706 :えっちな21禁さん:04/10/23 01:38:09 ID:hSWhLHs0
でもその一方で、(ちょうどオナニー覚えたばかりの頃だったんだけど)
じゅん・・・ってカンジでアツクなってきちゃって、足がガクガク震えて
抵抗しないせいか手が・・・ついにパンツの中にもぐりこんできて
やだやだやだやだ!って足とかお尻はぎゅーって力入れてたんだけど
指が・・・お尻の割れ目にそってぐいぐいもぐりこんできて
お尻の穴をぐりぐりされた。

そこでようやく駅に着いたので、そこで途中下車して、ダッシュで違うホームへ。
ガクガク震えて、下がっていたソックスを直そうとしたけど指に力が入らなかった。

まわりにそれらしき痴漢がいないことを確かめて落ち着いた後、
自分が濡れてることに気づいて恥ずかしくなった・・・
 

電車からホームを眺め、乗り込んで来る女性をチェックしておりました。
するとドアが閉まる寸前、とっても可愛い女性が乗り込んできました。
実はその子の前に乗り込んできた巨乳のOL風の女性に目をつけて、自分の
前に乗り込むように後ずさり、暗黙の空間を用意したのに、その巨乳OLは
他の客を押し退けて乗車したため、私が用意した空間がポッカリ空いていた
のです。
そこに可愛い女性が乗り込んできたのです。
やや斜に向かい合う格好で。
鮮やかななオレンジ色のTシャツに黒のミニスカート。
それに今流行の膝まである黒の布地のブーツはもちろん厚底。
ですので、背丈は私より少し高くなっている状態でした。
とっても可愛いのですが、頭も良さそうで性格もハッキリしてそうに私には
思われ、非常に慎重に触り始めました。
私は鞄を持つ手の甲で、ゆっくりゆっくり触るか触らないか、というくらに
むき出しの太股に攻撃開始。
もちろんストッキングなんかはいておりません。
女性は手に持っていた雑誌を読むでも無く車窓を眺めております。
私は電車の揺れにあわせて内股への微妙なタッチを少しづつくり返し、その
位置を少しづづ上げていきました。
K千住を過ぎて、少し大胆に攻め始めます。
鞄は左手に持ち替え、フリーの右手をしっかり太股に。
ムッチリとした生の太股に挟まれて、窒息死しそうな右手をグリグリ動かし
生パンティーにたどり着きました。
マン毛の辺りはざらざらした素材で(おそらく透けていそう)、股下の布は
ツルツルした小さいパンティーです。
もうOK子であることはハッキリしました。
まったりとパンティーの上から女性自身を愛撫。
時々太股の内側を爪で撫で上げました。
思いきってパンティーの中に指を侵入させました。...。
なにやら絆創膏のようなものがオマン子の上側についております。
生理?と思った瞬間、ちょっと気後れしてしまい、ひとまずパンティーから
手を引いて布の上から包み込むように女性自身を愛撫しておりました。
すると、何と女性が手を添えてパンティーの脇へと、私の指を導くのです。
驚きました。
生理ではありませんでした。
マン子の中はぐっしょりヌルヌルで、タンポンもありません。
あの絆創膏の様なものはいったい何だったんだろう...。
女性は私の指を奥に押し込むように何度も導きました。
まだ20代前半くらいのとっても可愛い子がですよ。
下車駅前で手を引っ込め、女性の衣服を整えて、いっしょに下車しました。
私は会社へ行かなければならなかったのですが、これで別れるのはいかにも
惜しい気がして、声をかけようと後をつけてしましました。
でも結局、声をかけるチャンスはとうとうありませんでした。
このような体験をしてしまうと、ますます痴漢から足を洗えません。
 

積極的に痴漢をしたことはないが、痴漢の思い出2つ。
高校は駅からバスで20分位行った所だった。
いつも通りギュウギュウのバスで下校した時、隣りの真面目そうな女子の尻に、手が密着してしまった。
最初は気付かなかったが、バスが上下する時にふと手の感触に気付き、慌てて手を引っ込めた。するとその女子は、引っ込めたはずの手へ、また尻を密着させてきた。
車内は混んでて手の逃げ場がなく、そのままにしてると、ゆっくりと、尻を動かしてきた。
ここまで来ると鈍感な自分も気付き、でも当時全く経験のない自分にとって、女子から積極的に誘ってくるなんて信じられず、ただただ混乱していた。
バスの動きに合わせて手を動かすのが精一杯だったが、女子は強弱をつけて押しつけ、制服のスカート越しに下着や尻の形がまるわかりだった。
でも勇気のない自分は結局スカートの中には侵入せず、バスは駅に到着してしまった。
何か展開があるかと思ったら、その女子はスタスタと駅に向かってしまった。
2つめは大学生のとき。
激混みの私鉄急行で1時間位かけて通っていた。
その日はドアから真っ直ぐ入って、左右のドアの真ん中あたりにいたんだが、ふと見ると、ドアわきの女子高生の様子が変だった。
素知らぬ風に立っているのだが、時折キョロキョロしたり、下向いたりして、
明らかに落ち着きが無い。
そのうち、目を閉じたまま唇をかんだりしてたが、ふっと目を開けたときに、
すっごくウルウルしてるのに気付いた。
泣きそう、という感じではなく、ポーっと上気して瞳がウルウルしてる感じ。
その娘の立っている側のドアは終点の一つ前まで、まだ30分くらい開かない側だった。
さすがに痴漢されてることに気付き、チラチラとバレないように観察。
周りの人は、誰も気付いている様子はなく、誰が触っているかもよくわからなかった。
その後チラっと見ると女の子は顔を真っ赤にして、下を向いてた。
その時、後ろで新聞を読んでいた(ように見えた)結構イケメン風のリーマンの片方の肩が、グググッと不自然に、かなり下まで下がっていくのが見えた。
それと同時に女子が口を開け、片手を慌てたように口の前に持っていき、必死でこらえているような表情になった。
直接触ったのか、あるいは肩の下がり方からして、指が入ったのかもしれない。
その後も手のひらを噛んでいるような感じで、リーマンの肩の動きに合わせて顔をしかめていた。
ここまでしてても周りの乗客は全く気付く素振りもなかった。
またチラっと見ると女子は脱力してぼーっとしており、荒い息を必死でこらえているのが
傍目にも分かった。リーマンの動きは止まっていた。

それからみるみる女子は普通の顔色に戻り、全く嫌がったり恥ずかしがったり
する素振りも見せず、平然と次の駅で降りていった。
真面目な女子高生に爽やかそうなリーマンだったが、今にして思えば手慣れた感じや逝かせるタイミングを心得ているあたりから、常連だったのかもしれない。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。