FC2ブログ

エロエロサイト


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


ピンテクス


検索フォーム


BlogPeople


■ 他のサイトの更新状況 ■

Powered By 画RSS

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

俺、向かい合わせで押し付けしあった事ある。
朝のラッシュでお互い吊革を握れない状態で向かい合わせになってたら自然に私の手が彼女の股間に当たっていました。
すると彼女が背後から押されて私の手が彼女の股間に滑り込んでいきました。
彼女はスカートをはいていて彼女の股間の柔らかさと温もりがスカート越しに感じ取れました
私はまずいと思いつつ、ラッキーとも思い、手を抜かずにそのままでいると、彼女も何も抵抗しませんでした。二駅通過後に指先で彼女の股間をスカート越しにゆっくりなぞりまわしはじめましたが、彼女は何の抵抗することなく、そのままお互いの駅で降りました
そして次の日、駅のホームの同じ時間、場所に彼女はいました。
タイトスカート姿の彼女の背後に私は立ち、そのまま車内に乗り込んでいきました。
混雑した車内の昨日と同じ位置で彼女と向かい合わせになりました。
私の右手指先は彼女の反応を伺うようにタイトスカート越しに股間をなぞりはじめます。
しかし彼女は何の反応もないので私の指先はタイトスカート越しに太股を撫でまわしていき、さらにスカートの裾を掴みますが、タイトスカートゆえに捲ることができなかったため、スカート越しに彼女の下半身全体を撫でまわすだけで、その日は終わりました。
又、次の日も彼女はいました。
その日の彼女は少しダブダした色気のない薄手のズボンをはいていました。
もう当たり前のように彼女と車内で向かい合わせ…私の右手は彼女の股間に潜り込み、ズボン越しに股間を指先で優しく何度もなぞります。
私の口の中は変な興奮で甘い味の感覚がしてきて、右手指先は彼女のズボンのファスナーを下げていきます。
そして開いたファスナーの中に右手を差し込んでいきパンスト越しに股間を撫でまわしました。
ここまでしても彼女は何の反応もありません。
こうなると私の手の動きは遠慮がなくなり、ズボンのボタンをはずして、パンストの中に手を差し込んでいきました。
パンストの中で右手指先は彼女の下着越しに割れ目をなぞりはじめます。
もう手は止まらなくなり下着の中に右手を差し込み、彼女の割れ目に人差し指を差し込んでいきました。
彼女の陰毛のザラザラした感触から下にいくと、ヌルヌルとした感触が指先に伝わってきました。
何の反応もしていないように見せていた彼女のそこは十分過ぎるほど反応していました。
いつの間にか彼女はズボンがずり落ちないようにするためか、足を開き股間を触られやすいようにし、さらに痴漢されているのを周りから見えないように自分の両手でカバーしていました。
ここまでされると私の左手は彼女のブラウスの真ん中、下側のボタンを外して、ブラウスの中に左手を潜り込ませていきました。
ブラをずらし、オッパイを揉み、乳首をいじりまくりました。同時に右手指先は彼女のクリをなぞりまわしました。
毎日このような行為をしていましたが、ある日彼女は突然いなくなりました。
以上です。

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

■この記事のトラックバック URL

⇒ http://fasfa201b.blog.fc2.com/tb.php/21-1f74383f

この記事に対してトラックバック:を送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック:

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。