FC2ブログ

エロエロサイト


月別アーカイブ


カテゴリ


最新記事


ピンテクス


検索フォーム


BlogPeople


■ 他のサイトの更新状況 ■

Powered By 画RSS

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

俺、向かい合わせで押し付けしあった事ある。
朝のラッシュでお互い吊革を握れない状態で向かい合わせになってたら自然に私の手が彼女の股間に当たっていました。
すると彼女が背後から押されて私の手が彼女の股間に滑り込んでいきました。
彼女はスカートをはいていて彼女の股間の柔らかさと温もりがスカート越しに感じ取れました
私はまずいと思いつつ、ラッキーとも思い、手を抜かずにそのままでいると、彼女も何も抵抗しませんでした。二駅通過後に指先で彼女の股間をスカート越しにゆっくりなぞりまわしはじめましたが、彼女は何の抵抗することなく、そのままお互いの駅で降りました
そして次の日、駅のホームの同じ時間、場所に彼女はいました。
タイトスカート姿の彼女の背後に私は立ち、そのまま車内に乗り込んでいきました。
混雑した車内の昨日と同じ位置で彼女と向かい合わせになりました。
私の右手指先は彼女の反応を伺うようにタイトスカート越しに股間をなぞりはじめます。
しかし彼女は何の反応もないので私の指先はタイトスカート越しに太股を撫でまわしていき、さらにスカートの裾を掴みますが、タイトスカートゆえに捲ることができなかったため、スカート越しに彼女の下半身全体を撫でまわすだけで、その日は終わりました。
又、次の日も彼女はいました。
その日の彼女は少しダブダした色気のない薄手のズボンをはいていました。
もう当たり前のように彼女と車内で向かい合わせ…私の右手は彼女の股間に潜り込み、ズボン越しに股間を指先で優しく何度もなぞります。
私の口の中は変な興奮で甘い味の感覚がしてきて、右手指先は彼女のズボンのファスナーを下げていきます。
そして開いたファスナーの中に右手を差し込んでいきパンスト越しに股間を撫でまわしました。
ここまでしても彼女は何の反応もありません。
こうなると私の手の動きは遠慮がなくなり、ズボンのボタンをはずして、パンストの中に手を差し込んでいきました。
パンストの中で右手指先は彼女の下着越しに割れ目をなぞりはじめます。
もう手は止まらなくなり下着の中に右手を差し込み、彼女の割れ目に人差し指を差し込んでいきました。
彼女の陰毛のザラザラした感触から下にいくと、ヌルヌルとした感触が指先に伝わってきました。
何の反応もしていないように見せていた彼女のそこは十分過ぎるほど反応していました。
いつの間にか彼女はズボンがずり落ちないようにするためか、足を開き股間を触られやすいようにし、さらに痴漢されているのを周りから見えないように自分の両手でカバーしていました。
ここまでされると私の左手は彼女のブラウスの真ん中、下側のボタンを外して、ブラウスの中に左手を潜り込ませていきました。
ブラをずらし、オッパイを揉み、乳首をいじりまくりました。同時に右手指先は彼女のクリをなぞりまわしました。
毎日このような行為をしていましたが、ある日彼女は突然いなくなりました。
以上です。
 

私の恥ずかしいお話、聴いててね。私、痴漢に遭っちゃうんですよ。でもそのたびに感じちゃうんです・・。初めて遭ったのはプール。流れるプールで友達と流されて遊んでたら、前にいたオジサンに私のあそこぐいって強くもまれちゃった。それからそのオジサン私の後を流れてついて来て、ぴったりくっつかれて、オジサンのあそこを握らされちゃったんです。おっきくてドクドク脈打っててびっくりしちゃった・・・。
その後は友達と逃げちゃった。だってその時はまだ中2。慣れてなかったんですかね?

2回目に遭ったのは電車の中。コレは17の時でした。夏休み一人で出かけた時の帰りの電車の中で、椅子のはじっこに座っててウトウトしてたら、隣の新聞を読んでる男の人が私のおっぱいにひじを当てて来るんです・・。「あっ痴漢だ!」って思ってても声が出なくて、電車の揺れに合わせて突いてくるひじが乳首に当たったり当たらなかったりで、私は焦らされてるような感じがして結構感じてきてました。男の人は新聞を読むのを(読んだ振りですね、これは)やめて、腕を組んで、組んだ左手の指で私のおっぱいをもんできました。
強くギュッ・・ギュッと揉まれて、完璧に濡れっちゃっているのに気付いて、体が火照ってきました。男の人はスカートに手を伸ばして、濡れているパンティに気付きました。
私は恥ずかしくて、もうどうしようもなくなって、さらに濡れてきました。男の人はパンティ越しにクリを苛めていました。電車は空いていたので空席が目立っていて、夜も遅かったので乗っていた人もほとんど寝ていました。私が「もう駄目・・・このまま犯されちゃう・・」と思っていると、電車が私の降りる駅に着きました。私は飛び出して家に帰りました・・。

帰ってからもこの事でオナニーしてしまって、1年たった今でもオカズにさせていただいてます。17の時のこの体験でわたしはレイプ願望(?)を持ってしまって・・。痴漢に遭いたいんです・・。すごく感じさせてくれる痴漢に会いたくて、電車の時はいつも露出度を高くして乗ってるんです・・・。誰か痴漢してくれる人、いないかなぁ・・・・。

 

今朝、私の目の前で明らかに痴漢と分かる人物を発見した。
電車に乗るときから、最前列に並んでいる女子高生の後ろにぴったりと
付いていたから怪しいとは感じていたのだが・・・
電車に乗る時、その小太りで野球帽をかぶった汚い男は女子高生に
先回りするように、奥に進んでいった。
女子高生とその男は、反対側のドアで男がドアを背にする様に立っていた。
女子高生は、ドア側に向いている。後ろからドドーっと人が流れ込むと
その男はすかさず、女子高生の前に向かい合うようにこじ入った。
私は、その男の横に立っている。
電車が発車しだして、少しすると直ぐに、その男の手が動き出したようだ。
女子高生がうつむいてモジモジしている。
一生懸命、痴漢の手をどかそうとしているようだ。
その男は、口をへの字にして目をつむり手を動かしている。
手先は全く見えないのだが、肩が動いているので、明らかだ。
痴漢をされているらしい女子高生は、とてもおとなしそうで
お嬢様的な可憐な顔をしていた。
まさに、痴漢の餌食になりそうなタイプだ。
その女子高生は、一生懸命、手を跳ね除けようとしているみたい
であったが、腕っ節の強そうな、その男の力にその華奢な体で勝てる
はずがない。
男が「ううん」と低く小さな唸り声を上げて、肩を大きく回すと
女子高生の口から「ああっ」と小さな声が漏れた・。
その後、その男が軽くニヤっとすると、右肩が上下に動きは
じめた。
男の顔が、どこか目的の場所に手が届いたと言うような満足そうな表情
をしている。
女子高生は「うんっ・・ああ・・」と声にならないため息で未だ抵抗
をしているようである。
男が大きく肩を動かしすと「お~」と小さな声を上げ、またニヤリとする。
女子高生はうつむいて、泣きそうな顔をしている。
その後、男の肩の動きが速く大きくなってきた。
これは、いくらなんでもばれるぞ~と思ったが、回りの人は新聞を見たり、
あらぬ方向を向いてしらんぷり。まあ、その男が怒ったら、確かに
怖そうだ。
痴漢とバレバレともかまわず、激しく肩を動かし出すと・・男は
はー、はー大きく息をして興奮しだした。
その激しい手の動きに合わせて、女子高生の体も動いている。
女子高生は半べそ状態である。男のこうふんのしかたから、相当スゴイ
ことをしているようだ。
駅に着くと、その女子高生は人を押しのけるように出て行った。
そのあと、その痴漢の男は自分の右手を見てニヤっとして自分のポケット
に手を入れ、電車から満足そうに、ガムをかみながら出て行った。
あんな清純な女子高生を・・・こんなこともあるんだと愕然とした。
しかし、あとから思い出すと、悲しいかな勃起してしまうのであった。
やはり、私も男である。スゴイ光景を見てしまった。
 

暇なので投下、文章ヘタで申し訳ないです。

今でも忘れられないのですが、賞5の時の話です。
私の住んでいる地域には児童館といって賞~中までが遊べる施設がありました。
そこは漫画もあるし、バスケゴールもあるし、卓球もできる施設で、両親が働いている子供はそこでよく遊んでいました。
私はその時こち亀全巻読破をねらっていて(当時70巻位まででてました)、学校が終わると児童館に直行して、図書館に篭りきりでした。
 
 
ある日、ちょっと背の高い中学生のお兄さん(以下Aさん)が話しかけてきました。
ほんの他愛もない会話で、私は戸惑いながらも受け答えしていました。
今思えば、懐柔しようとしてたんだとおもいますけどw
私の当時担任の先生を知っているとかそんな感じで、私もよみかけのこち亀をおいて二人で話すようになってました。
そしたら急にAさんが「君おっぱいけっこうおっきいね」っと言ってきました。
いろんな面で無頓着だった私は、上下体操服、多分当時B~Cカップはあったけど、ノーブラでした。
A「ちょっとさわってみていい?」
私「え!?(ここで断ったらノリが悪いと思われるかもしれない・・・)いいよ!」
と、Aさんは私の隣に移動してきて、人差し指でつつきはじめました。
別になんとも感じなかった私は、Aが必死に触っているのをドキドキしながら、平静を装おうと、読みかけのこち亀を手に取りました。
A「もんでいい?」
私「もむ?」
もむという行為にいまいちピンとこなかったわたしは、そのままAにされるがまま、胸をもまれ始めました。
今思うとかなりシュールなんですけど、こち亀を読む賞5の背後から必死にもみしだく中学生w
しばらくするとAさんが私の手を取って立ち上がり
A「ちょっとこっちきて」
と、共同トイレにつれていかれました。
そこで個室に2人ではいり、わたしは何がなんだかわからないけど、ずっとドキドキしてました。
Aさんがわたしの体操着をまくりあげて、胸を直にもみはじめました。
ずっとAさんは「はぁはぁ」言っていたのは覚えています。
私は自分の状況がよく分からなくて、呆然としていました。叫ぶとかいやがるとか、まったくせずにされるがままで、Aさんはどんどんエスカレートしていきました。
Aさんは私の体操着の下をおろして、パンツをおろしてきました。わたしはビックリしたけどどうしたらいいのか分からなくて、やっぱりされるがまま。
A「なめていい?いいよね」
と、Aさんがわたしのアソコの表面を舐めてきました。性感帯ってわけじゃないけど、すごくエッチなコトをされてるって興奮して、ドキドキが倍増しました。
しばらくしたら、指でひらいてわたしのクリを舐め始めました。
びっくりするくら気持ちよくておもわず「ひゃあああ」って声が出ました。
Aさんは私の口を手で塞ぎながら、5分くらい?なめてました。多分私はAさんの顔に股間を押し付けていたと思います。
ここからあんまり記憶が無いのですが、多分挿入とかはされていないと思います。
最後におしっこしてって頼まれたけど出なかったのと、家に帰ってお風呂にはいったとき、舐められて気持ち悪かったので入念にそこを洗っていたらまた気持ちよくなって、オナニーしちゃいました。


あんまり萌えないはなしですみません。
 

55 名前: 昭島 投稿日: 02/06/30 13:07 ID:ZdHReEgj
せっかくだから体験談ってことでひとつ。
例の中一を金曜日に朝待ちしました。
改札入ってきたところを後から付いていって同じ車両に乗る。
中一は入ってすぐの手すりのところに立った。
混み具合がいまいちで、しかも中一の周りはかなり空いている。
どうやら最近、すいている車両に乗る知恵がついたみたいだ。
だが、この時間の電車では終点に着く前に満員になるのであまり関係ない。
混み始めてきたころから手を伸ばして尻に手を置いて痴漢開始。
この子に抵抗なんてできるはずないと思っているので、
スカートも中指を使ってたくし上げまくってしまう。

56 名前: 昭島 投稿日: 02/06/30 13:13 ID:ZdHReEgj
中一は斜め上に目を向けている。
俺の顔にたまにチラッと視線を飛ばすときがあるがほとんど見ていない。
いつも恥ずかしいというよりは怖い、驚いたといった様子を見せる。
もちろん顔を赤らめたりして恥ずかしがりもするが
それでも怖いという気持ちのほうが強そうな気がする。
手をスカートの中に入れるとその日のパンツをチェックするのが日課となっている。
今日はごく普通の綿パンっぽい。
まくって確認するのが一番なのだが、これは周囲の乗客にもばれそうだし、
彼女もこれだけは嫌みたいなので、彼女に痴漢し始めたばかりのころはやろうとしていたが
最近はやらない。



57 名前: 昭島 投稿日: 02/06/30 13:14 ID:ZdHReEgj
チェックを終えると尻の谷間から割れ目に中指を押し込んですりすり。
パンツにしわができるまで弄って彼女の息が荒くなるところで
パンツの中っていうのが理想パターン。
だけどたいていはパンツの上からで終わり。
あくまでパンツの中に入るのは彼女の様子しだいってこと。
他の女の人でも同じ基準で考えていますが、目安はパンツの上から
触っていても濡れてるのが判るくらいになったらおk。
この子で今までに5回ある。
確率としては10%いかないくらいかな??
金曜日は無理でした。
しかたないのでパンツの上からすりすりして
彼女の表情が変わるのを観察していました。
とくにかのじょは下唇を噛んだり、ため息を大きくついたりして
感じちゃっているのがわかりやすいので見てるだけで萌えます。
それに最近は生パンさせてくれる子だって貴重ですから。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。